Nigel Cabourn
ARMY CARGO PANT

ーNigel Cabournーナイジェル・ケーボン

ヴィンテージアイテムの世界に名を馳せるコレクターであるイギリス人デザイナーナイジェル・ケーボン氏が手掛けるブランド

毎シーズンの彼のコレクションの土台となっているのは、ビンテージコレクションであり、決して特定のトレンドや、一般の人達が求めているものに流されて創作している訳ではないのです
毎シーズン発表する各コレクションがリアルなストーリーや歴史観、そして完成度を元にしていて、それらをまとめて支えているのが最高レベルのクオリティーの高さなのです

MAINE LINE
日本の優れた職人の手によって生産されるこだわりのMADE IN JAPAN、メインライン

AUTHENTIC LINE
世界を初めヨーロッパの生地を使用し伝統ある英国の工場を中心に生産する最強の製品、 オーセンティックライン

優れたヴィンテージをベースにして、まずはデザイン、そして素材の概要を決定
その後、どちらの国がその生産に相応しいかを検討し、各国の優れた点を踏まえ各ラインに振り分けます
素材の特徴、歴史と伝統のある向上や職人、蓄積された技術が判断基準


- ARMY CARGO PANT -

米軍のM-43 と、カーゴパンツの傑作M-51、そして英国陸軍のビンテージをミックスしたデザインです。

ファブリックはバックサテン。
非常に剛性の高い組織です。

素材はM-51同様にコットン100%。  
M-51 の後継であるM-65 では、素材がコットンナイロンに変更となります。
些細な素材変更に見えますが実はその背景には大きな事象が隠されています。
 
世界初の合成繊維であるナイロンの発明そのものです。  
ナイロンは米国で1935 年に発明され、ナイロン糸が様々な繊維製品に普及していったのは1950 年以降です。  
つまり、51 年制式採用のM-51 の時代にはナイロンは存在していたものの未だ物珍しい素材でしかなく、65 年採用のM-65 の頃には爆発的に普及し、コットンとナイロンの混紡糸が使用されたという事です。

合成繊維がごく普通のものである私たちの感覚からするとちょっと興味深い事実です。

※本製品は、シーズンレスの継続商品になります。
シーズンによって掲載商品と品番が異なる場合がございます。
そのため、発送時の商品品番が別でも同商品になりますので予めご了承下さい。


LINE
MAIN LINE
Cotton 100%
Color: 190 GREEN
Size: 30 / 32
MADE IN JAPAN

サイズ / cm
30 / ウエスト38 股上33 股下68 ワタリ幅36 裾幅25
32 / ウエスト40.5 股上34 股下69 ワタリ幅37 裾幅26
34 / ウエスト43 股上34 股下70 ワタリ幅39 裾幅26
36 / ウエスト45.5 股上35 股下72 ワタリ幅40 裾幅27
38 / ウエスト48.5 股上36 股下77.5 ワタリ幅41 裾幅28.5

サイズスペックは目安です。
縫製ロットにより、若干のブレがございますこと、ご理解くださいますようお願いいたします。

型番 80410050012
Size
購入数
Soldout